郡山に行くための東京駅で駅弁を買おうと立ち寄った。

引っ張りだこ。

ん?たこ?  引っ張り蛸?引っ張り凧?

気になって辞書で調べてみたら、どちらでも正解のよう。引っ張りだことはそもそも、次の2つの意味があるそうです。
●はりつけの刑のこと。

●多くの人から所望されること

人気者のイメージでしたが、はりつけの刑が、語源らしいです。なんとも驚き。
もともとは、蛸の干物を作るときに、8本の足を広げて干していた姿が似ていることから、はりつけの刑の様子やその刑をまっている罪人のことを指す言葉だと辞書に書いてありました。

ですので、本来は「引っ張り蛸」と書くのが正解のようです。

しかし、漢字で広まったわけではなく、タコがどちらの言葉にも取れることから、凧を使う表記もあるそうで、広辞苑では、どちらの漢字も使われています。

現在は、人気があって、多くの人から争って求められることの意味の方が認知されていると思いますが、元々は全く違うという言葉の解釈は沢山ありますよね。

誰だ、はりつけの刑を人気者と解釈したのは!!!

さて、私は、本来の意味での引っ張り蛸状態。

本来ならば学会に出ることが望ましいのかもしれませんが、根拠がよくわからない各地の業務報告にはあまり興味がなく、個人的感想の述べ合いと感想が違うとイラっとしてしまうタチなので、ここはスルー。

正直、米国の後追いばかりで、他国と競争しようともせずに、米国万歳、米国すげーの真似事ばかりで、自国のデータも根拠も何もない世界で何かを得るのはとても難しく、新しい事はほとんど日本では学べないので、この辺は海外でしっかり学びたい。

ハングリー精神がないのか、知識が乏しいのか、しかし、この世界のベクトルは一体どこを向っているのだろう???

風まかせな自己満足の世界感、私が最も苦手とする所だ。

ビジョンなき世界で何を達成するのだろ?